目のつけどころがシャープでしょ!?

本日のブログはいきなり、シャープさんの名コピーからスタートです。

だけど今日のブログは残念ながらシャープさんにまつわるお話ではないんですが…(笑)

 

引用元:日経新聞 朝刊 春秋2013年3月3日(日)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

未練の残る彼氏の部屋に、別れ際、自分のピアスを片方、こっそり置いていく。新しい彼女がそれを見つける場面を想像しながら・・・。

松任谷由実さんがそんな女心を歌にしてから30年余り。

 

当時は先端的おしゃれの小道具だったピアスも、今はずいぶん普及した。

菊永英里さん(31)が恋人からもらったピアスをなくし、大ゲンカしたのは24歳の時。「私のせいじゃない。留め具が悪い」。調べると、ピアス紛失に悩む友人は多かった。お気に入りのピアスは外でしないと決めている人もいる。外れにくい留め具を開発すれば、きっと皆が喜ぶだろう。そう思い、図面を引き始めた。試作や量産をしてくれる工場を苦労して探し出した。

 

インドや中国では精度が足りず、最後は長野の諏訪地方で時計部品などを作る会社が引き受けてくれた。勤め先を辞め自分の会社も設立。特殊な内部構造で特許も取得した。こうして5年前に発売した新型留め具を、いま10万人の女性が愛用中。次は世界市場に出る。

 

起業の少なさが日本経済の悩み。期待したいのが生活者として経験豊かな女性たちだ。菊永さんによれば、ピアス利用者の86%が紛失を経験していた。手つかずの市場は他にもたくさんありそうだ。昨年出産した菊永さんが思うのは「女性起業家が子連れで働ける共同オフィスがほしい」。すでに友人と開設したという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

まさしく「目のつけどころがシャープ」なお話ですね。しかも行動力もすごいですね。会社を辞め、特許を取得して起業までしています。

 

今回のエピソードの中でも指摘したように、まだ手つかずの市場やビジネスチャンスは我々日常の生活にごろごろしています。

 

ただやっぱり注意深く見つめてみないとほとんど気づかないものです。ぼんやりと毎日を過ごすのではなく、少しでも気づきの多い生活を過ごせるように、これからは心がけていきたいなと思います。


お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2018年営業日・休日カレンダー
2018年営業日・休日カレンダー.pdf
PDFファイル 326.6 KB
2019年営業日・休日カレンダー
2019年営業日・休日カレンダー.pdf
PDFファイル 331.2 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!