強靭な「クモの糸」繊維とは!?

引用元:<http://www.sankeibiz.jp/business/news/130525/bsc1305250630004-n1.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人工「クモの糸」繊維、大量生産 山形ベンチャーが世界初

 

バイオベンチャー企業のスパイバー(山形県鶴岡市)は24日、人工的に合成したクモの糸の繊維「QMONOS」(クモノス)を量産する技術を 世界で初めて確立したと発表した。

 

クモの糸の強度は、同じ太さの鋼鉄を上回り、伸縮性はナイロンを上回るとされ、将来的には自動車のボディーや人工心臓など幅広い用途への 実用化を想定している。

 

同日、東京都内で開かれた会見で、量産化が可能なレベルに達した証しとして合成糸でできた青いドレスを公開した。

 

クモの糸を大量生産するためには、コストを抑える技術と繊維化するための溶媒の毒性が高いことがネックとなっていた。

 

スパイバーは、コスト低減のために微生物を使ってクモの糸を構成するタンパク質「フィブロイン」を作る方法を検討。

 

微生物の遺伝子を組み換えることで、短時間で大量に合成することに成功した。同様にすでに工業的に大量に利用されている溶媒を使用して繊維化する技術も 開発したという。

 

またタンパク質そのものに色をつけることでさまざまな色の繊維を作り出すことが可能になったという。

 

関山和秀社長は「クモの糸は世界で最もタフな繊維。自動車や医療などさまざまな産業に応用できる」と話した。

 

将来的には自動車や飛行機のボディーや骨格のほか、人工心臓などの医療面でも使える可能性があることをイメージしているという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本のお家芸のひとつである繊維・素材業界に、炭素繊維に続く大きな大発明です!!

 

いわゆる今トレンドの「軽くて・強い」素材の要件にぴったりなのが、人工的に合成したクモの糸の繊維「QMONOS」(クモノス)。

 

大量生産が可能になったので、今後どのように工業製品に応用されていくのかが注目です。

 

 

 

お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
PDFファイル 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!