アルツハイマー病治療の新手法

引用元:<http://www.tel.co.jp/museum/magazine/news/063.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アルツハイマー病治療のために、脳にペースメーカーを埋め込む

 

アルツハイマー病では、異常なタンパク質が脳内にたまり、神経細胞が脱落、脳が萎縮し、記憶障害や認知障害が起こるようになる。75歳以上の高齢者では15〜25%に老人性痴呆の症状が見られるが、そのうち4割以上がアルツハイマー病だと言われている。


アルツハイマー病の原因や発祥因子についてはまだわかっていないことが多い。治療には薬物療法が行われるが、これは病状の進行を遅らせたり、周辺症状(不眠、幻覚など)に対応するためのもので、現在のところまだ根本的な治療薬は登場していない。高齢化の進む先進国において、アルツハイマー病の治療薬の開発は、大きな課題となっている。

 

その中、2013年1月に米国オハイオ州立大学のウェクスナー医療センターがユニークな治療法の臨床試験を開始した。それは、脳内への「ペースメーカー」の埋め込み手術だ。
すでにパーキンソン病などの治療には、DBS(Deep Brain Stimulation:深部脳刺激術 )という手法が一般的に行われるようになっているが、オハイオ州立大学の治療法はこれをアルツハイマー病に応用したものということになる。

 

パーキンソン病のDBS治療では、視床下核という部位に電極を挿入し、胸部に刺激装置を埋め込んで、これらを皮下の電線でつなぐ。一方、オハイオ州立大学の手術では、認知や行動を制御する前頭葉に電極を埋め込んだ。

 

前頭葉の電極から微細な刺激を送り込むことで、前頭葉での異常な活動を調整して、正常化することを目指す。研究を主導している、神経科医のDouglas Scharre博士や神経外科医のAli Rezai博士は、アルツハイマー病患者の認知機能が改善すると期待している。

 

最初の患者となったのはアルツハイマー病の初期段階にある女性で、手術の経過は今のところ良好だという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

治療困難とされてきたアルツハイマー病への新たな治療法が開発されました。

脳に直接、電極を埋め込むというものです。

 

かなり斬新なやり方ですが、この治療方法によって医療技術がまた一歩大きく前進しそうです。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Linnea Udell (金曜日, 03 2月 2017 10:47)


    I've been exploring for a little bit for any high quality articles or blog posts on this kind of area . Exploring in Yahoo I at last stumbled upon this web site. Studying this info So i am satisfied to exhibit that I've an incredibly just right uncanny feeling I discovered just what I needed. I so much undoubtedly will make certain to don?t forget this website and provides it a look regularly.

お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
PDFファイル 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!