自己回復する樹脂とは?!

引用元:<http://irorio.jp/sophokles/20140214/112504/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ナイフで切っても、放っておけば元通り。自己修復する画期的な樹脂を、イリノイ大学が開発

 

米国イリノイ大学のニュースリリースによれば、同大学の材料工学科教授Jianjun Chengをはじめとする3人の研究者グループが、自己修復する画期的な樹脂を開発したとのこと。

 

この新しい樹脂は尿素樹脂(ユリア樹脂)の一種で、ゴムのようによく伸びるもの。YouTubeに投稿された動画を見てもわかる通り、樹脂の小片にナイフで深い切り込みを入れても、室温で一日放っておけば元通りになっている。

 

しかも、ただくっついているというのではなく、完全に元に戻っているから、どんなに引っ張っても切れない。同大学のニュースリリースによれば、極限にまで引っ張ると一度切った場所でなく、別の場所から切れてくるとのこと。

 

これだけしっかり自己修復するのには理由がある。物体を作っている分子には、分子間力という力があり、その力で分子が集まることで1つの物の形を作っている。

 

イリノイ大学の研究者は、この新素材を開発する際に、「市販のポリマー素材の分子構造をあれこれいじる」ことによって、分子間力が及ぶ距離を長くした。だから分子間力がよく働き、切断面を押しつけるだけで完全に一体化してしまうのだ。

 

ちなみに尿素樹脂(ユリア樹脂)は、ブラジャーや水着、自動車のシート、医療器具などに広く使われている。自己修復する新素材の、活躍の場は多そうだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今後、商品化されるのが楽しみです。

ユニクロとかが採用して、ヒートテックばりのヒット商品を再び生んでほしいですね。

お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!