温度と湿度をコントロールできる町の誕生!?

引用元:<http://gigazine.net/news/20140709-climate-controlled-city/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

町の温度と湿度を完全にコントロールする「Mall of The World」計画が始動

 

SF作品では天候・気温・湿度などを全て管理しているドーム型の町やスペースコロニー内部の町などが登場したりします。

 

そんな夢のような町作りの第一歩として、温度と湿度の両方を完全コントロールする町を作るプロジェクト「Mall of The World」が始動しました。

 

「Mall of The World」プロジェクトを主導するのは、ドバイ首長国の首長でありアラブ首長国連邦の副大統領と首相も兼任するアラブの有力者ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム氏。

 

ラーシド氏は世界で初めて温度と湿度のコントロールが自由自在に可能な町を作ることを明かしました。このプロジェクトで作られる町は、ドバイにあるSheikh Zayed通りの横に作られる予定です。

 

「Mall of The World」プロジェクトで作られる町の総面積は4800万平方フィート(約450万平方メートル)で、東京ドームひとつの敷地面積は4万6755平方メートルなので、町の面積は東京ドーム約96個分になります。

 

この町の中には世界最大級の大きさを誇る敷地面積800万平方フィート(約74万平方メートル)のショッピングモール

 

総敷地面積300万平方フィート(約28万平方メートル)の医療関連施設群などが建てられます。

 

他に、1万5000人収容可能なアラブ首長国連邦内最大級のセレモニーセンターなどもあります。

 

「Mall of The World」プロジェクトで作られる町は、年間1億8000万人の観光客を受け入れ可能なキャパシティを備えることになるとのことで、これら大量の観光客にも対応可能なように、敷地内にはホテルが80軒とサービスアパートメントが20軒が並び、宿泊可能な部屋の数は2万部屋になる見込みです。

 

各施設は1本のメインストリートに面しており、この通りは約7キロメートルにも及ぶ長い道にもかかわらず、全エリア温度・湿度のコントロールが可能になります。

 

この秘密はメインストリートの天井にあるガラス屋根で、これにより通りが室内のような空間になり、空調で温度と湿度のコントロールが可能になるというわけ。

なお、町の地下には5万台の車を駐車できるスペースもあります。

 

ラシード氏は新しく作る町とそのメインストリートが、イギリスのオックスフォード・ストリートのような通りになることを望んでいるようで、「我々はドバイを文化的な都市に変身させることを計画していることを伝えてきましたが、ドバイの町をドバイ周辺に住む約20億人の観光や経済の中心地にしたいと考えており、既にビジョンは定まっている」とコメントしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中東の大富豪らしい壮大なアイディアですね。
 
でも建設後の維持管理費がとんでもないことになりそうな予感ですね(笑)
 

お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
PDFファイル 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!