3Dプリンター×レーザー焼結[動画あり]

引用元:<http://social-design-net.com/archives/16215

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ついにレーザー焼結タイプのデスクトップ3Dプリンタが数十万円代で登場する


レーザー焼結技術の特許切れて半年が経ちました。いよいよ数十万円代の焼結タイプのデスクトップ3Dプリンタが姿を現そうとしています。


10月にもスイスのSintratec社が、1台約5,300ドル(約53万円)ほどのレーザー焼結タイプの3Dプリンタを、クラウドファンディングサイトindigogoに登場させる予定。


現在、価格が安くなってきているパーソナル3Dプリンタは、ソフトクリームを作るように積み上げ式に造形をするFDM(熱溶解積層法)という技術が利用されてきました。


これはプロトタイプを作るにはよい方法なのですが、”最終製品を作る”という点においては、スマホケースやちょっとした生活雑貨、アクセサリーなどが限界でした。


一方SLS(粉末焼結積層造形)は、粉末素材にレーザーを当てて焼き固めていく方法で、より細かく強度のある最終製品にチャレンジできる技術です。



つまり、プロトタイプレベルではなく、最終製品を3Dプリンタで作っていけるようになるということです。今回Sintratec社が投入してくるものが、どこまでできるかは分かりませんが、試作品ではなく、販売できる製品を3Dプリンタで容易に作れるようになる革命が迫っていることは確かです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今まで、金属素材の3Dプリンターは超高額すぎてなかなか裾野が広がりませんでしたが、上記の値段だったら市場の拡大ペースはぐっと早まりそうな予感ですね。



お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!