スケジュール設計も人工知能におまかせ![動画あり]

引用元:<http://wired.jp/2015/05/20/calendar-manage-real-life/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

AIがあなたの秘書になる日:未来のGoogleカレンダー「Timeful」が実現する世界


わたしのカレンダーは楽しい代物ではない。そこは、味気ない枠線の中に会議とアポだけが住む世界。色とりどりのブロックが示すのは、もはや自分のものではない時間。本物の人生は、ブロックの隙間に詰め込むしかない。


本当にこれでいいのか。やるべきことだけでなく、やりたいことにも配慮したカレンダーはつくれないのだろうか。カレンダーがわたしたちに、目標に気づかせてくれたり良い習慣をつけさせてくれたり、あるいは友達と遊ぶ時間を空けてくれたりすることはないのだろうか──。


つい最近グーグルに買収された「Timeful」がつくろうとしているのは、まさにそんなカレンダーだ。

Timefulはスタンフォード大の人工知能のエキスパートたちと、デューク大の著名な行動経済学者ダン・アリエリーによる共同研究プロジェクトだ。研究チームはその基本理念を短い論文として2012年に発表している。


カレンダーは過去にとらわれている、と彼らは言う。しかし、行動心理学の知見と最先端の機械学習を組み合わせることで、カレンダーは「受け身な予定の収納庫」から、動的に「わたしたちの意思を管理する、パワフルなスプレッドシート」へと変貌を遂げうる。


研究チームはあるヴェンチャーから700万ドルの資金を調達し、研究に基づいて多数の特許申請を行い、去年Timefulモバイルアプリをリリースした。グーグルは5月4日付でTimefulの買収を発表した。


昨年のことだ。スタンフォード大で長年人工知能の研究を行うTimeful共同創業者、ヨアヴ・ショーハムと話したとき、彼はカレンダーアプリ開発のめどは立っていないと言っていた。それどころか、チームは煩雑なフォーマットに足を引っ張られて「不満だらけ」だという。そう言いつつ、ショーハムはカレンダーの重要性を饒舌に強調していた。


「カレンダーは時間という抽象的なものを具現化するのに役立ちます。わが社の全員が確信しているのは、時間はかけがえのない資源であり、お金よりもずっと貴重であるうえに、管理するのがはるかに難しい、ということです」


Timefulのアイデアは、具体的な将来の予定だけでなく、長期目標や、その時々のやりたいことも取り込めるカレンダーをつくるというものだ。すでに自分のカレンダーをこのように使っている人もいるだろうが、Timefulはそのプロセスを自動化したいと考えている。例えば「週3回ピアノの練習をしたい」「火曜までに母親に電話したい」というようにTimefulに入力しておけば、アプリが勝手にスケジュールを組んでくれるので、あとはそれを好きなように変えればいい。使っているうちに、内蔵された人工知能はどのスケジュール案が最も効率的かを学習し、将来の予定をそれに沿って組んでいく。ショーハムは、Timefulは時間管理における「Google Now」のようなものになる、と語った。


グーグルはこのアイデアを気に入ったようだ。Gmailのプロダクトマネージャー、アレックス・ゴーリーは、買収を発表する際に次のように書いている。


「Timefulのテクノロジーの応用可能性に大いに期待しています。InboxやCalendarなどのプロダクトに組み込むことで仕事の負担を軽減し、空いた時間であなたは創造性を発揮したり、大切な人々と楽しい時間を過ごすことができるようになるでしょう」


グーグルは、情報過剰による負荷を軽減すべく、いままで手を尽くしてきた。重要なメールとジャンクメールを分別できるよう、Gmailの改善を絶え間なく続けているし、ユーザーが欲しいデータを予測し提供するGoogle Nowも生み出した。


Timefulはグーグルの“次のステップ”を体現しているのかもしれない。データをサジェストするだけでなく、行動もサジェストするのだ。あなたがNBAファンだと知って試合結果を知らせるかわりに、未来のGoogleプロダクトは、あなたにバスケをしに行くよう促すのかもしれない。外は天気がいいし、この前もっとアクティヴになりたいと言っていたでしょう、と。


しかし、スマートな解決策は、すぐに鬱陶しい(か、下手をすれば見当違いな)ものになりうる。現在の巨大テクノロジー企業が、効率性や生産といった問題よりも、ライフスタイルや幸福、生活の質といった問題に目を向けるようになるなかで、彼らは後者の問題に、効率的で生産的なツールを用いたアプローチを取りがちだ。それはまるで、映画館でアベンジャーズを見ている最中に、Apple Watchに席を立って運動しろと言われるようなものだ。


いま現在、わたしのカレンダーは闇の権力を握り、労働時間を支配し管理しようとしている。それ以外の自由時間までカレンダーの支配下に置くとしたら、それは何を意味するのだろう。余暇や自主性をスケジュール化することは可能なのか? 子どもと時間を過ごすためにリマインダーは必要だろうか? 人生をめいっぱい楽しむために、人工知能付きカレンダーに「人生をめいっぱい楽しむ」と書かれた1時間の空白枠をつくってもらうとしたら、それは本当に楽しめていることになるのだろうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人工知能が設定したスケジュールに従うのはちょっと癪(しゃく)だな~と感じる人にはちょっと向いていないかもしれません。


でもうまく活用する結構お役たち度かなり高いアプリケーションだと思います。

ただし注意点としては、なんぼ素晴らしいスケジューリングしたところで、実行がされなければ、ただの絵空事になりますので・・・。

お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
PDFファイル 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!