無人飛行機ドローンが火星へ行く!

引用元:<http://ideahack.me/article/1582

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

NASA、火星探査用無人航空機の実験飛行へ


米航空宇宙局(NASA)は、火星探査用無人偵察機の第1回実験飛行を、年内に行う予定があることを明らかにしました。


Prandtl-mは、翼幅が61センチ、重量は1.17キロのブーメラン型無人航空機。

素材はガラス繊維や炭素繊維で、火星上空約600メートルを滑空した後、最大時速20マイルで飛行できるということ。


場所をアリゾナ州、またはオレゴン州に予定している実験では、折り畳まれて気球に搭載されたPrandtl-mが火星の気圧と条件が似た高度約10万フィート上空で放出され、その後滑空飛行に移り、地上に帰還します。


さらに2016年には、2回目の実験を行う予定。

この実験が成功すれば、2022~2024年に予定されている火星探査ミッションに搭載され、上空から火星表面を10分ほど観測することになります。


空から高解像度の火星表面の写真が届けられれば、さらに新しい発見の可能性も期待できるでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この記事からだと、わざわざ火星でドローンを使う理由が「?」ですね・・・。


お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!