究極のコーヒーはアルゴリズムにおまかせ!?

引用元:<http://wired.jp/2015/06/23/14000-machine-brews/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アルゴリズムで最高の1杯を:14,000ドルの高級コーヒーマシン


フィラデルフィア発の「BKON」という名のスタートアップは、スペシャルティコーヒーの世界に「他とは違う」アプローチで挑んでいる。彼らはコーヒーの抽出にアルゴリズムを取り入れ、キューリグ(1杯分のカプセルからコーヒーを抽出するマシンメーカー)に並ぶ効率性を、容器を使い捨てすることなく実現した。


彼らの最初の製品は13,250ドルもする「クラフトブリューワー(Craft Brewer)」で、その狙いは、サードウェーヴコーヒー・ブームを牽引するコーヒー愛好家に対してアピールすることにある。


飲み物の「オーダーメイド」化

クラフトブリューワーはトロフィーほどの大きさのマシンで、外見はエスプレッソメーカーと掃除機の中間といったところだ。容器の中に好きな材料(挽いたコーヒーや茶葉、スライスしたレモンなど)を入れて、側面に取り付けられたタブレット(クラウドのデータベースに接続されている)から、事前にプログラムされたレシピを選択する。するとほんの数秒で、マシンがコーヒーや紅茶や香りづけされた飲み物を注いでくれる。


昨年BKONを立ち上げたのは、ルーとディーンのヴァスターディス兄弟だ。彼らは、自分たちの発明と「オーダーメイド飲料にイノヴェイションを起こす」というミッションについて熱く語ってくれた。


彼らが成功するとしたら、それは彼らの特許技術「空気逆注入(RAIN)」のおかげだろう。これは、真空化と、材料から香りを抽出し熱湯に注入するアルゴリズムを組み合わせものだ。


BKONは、「コーヒーだけではない」という点でも有望だ。マダガスカル産ヴァニラの香りのコーヒーを入れた直後であっても、同じマシンでミントとレモン風味のカクテルをつくれるのだ。


BKONシステムが搭載するレシピは、ヴァスターディス兄弟がビジネスパートナーであるニューヨークの人気店カウンター・カルチャー・コーヒー、ホールフーズ・マーケット、パンサー・コーヒーらとともにつくりあげたプログラムだ。


ドリンクにはそれぞれ、正確なお湯の量と温度、香りを抽出するのに必要な空気圧を設定した「コード」がある。(抽出する容器に)熱湯が流れ込むと、コーヒー豆などの材料が表面に浮くとともに容器中の空気が排出される〈真空化〉。すると、材料の細胞構造が開き水中に化合物がしみ出していく。


これは、従来のコーヒー/紅茶のいれ方でも起きる現象だが、BKONでは、その過程に1分もかからない。さらに、BKONであれば「より重層的なフレーヴァーが生まれる」とヴァスターディス兄弟は言う。彼らは現在、タフツ大学の研究者とともにデータを収集し検証している最中だ。


ハイテク・コーヒー・スタートアップ

ディーンがBKONのアイデアを思いついたのは、食材を真空保存袋に入れて茹でるという真空調理法をテレビで観たときだった。コーヒー輸入業やバリスタとしての経歴のある彼は、コーヒーを真空調理法でいれてみようと考えたわけだ。


「抽出の度合いがあまりに過剰で、味は最悪でした。ただ、(真空調理法による)抽出そのものは可能だったのです」と、ルーは言う。その後、多くのプロトタイプやテストを経て、BKONが生まれた。

BKONは、コーヒー抽出のハイテク化を目指す多くの起業家たちの仲間入りを果たした。その代表例、ブロッサム・コーヒーがつくりだしたのも「クラウドにつながったマシン」であり、2012年にMITのエンジニアによって設立されたスタートアップだ。コーヒー抽出をデジタル化し、抽出過程からヒューマンエラーをなくすという目標も似ている。


BKONの独自性は、そのアイデアの端緒をコーヒーにおきながら、あらゆる種類のスペシャルティードリンク愛好家を満足させることを目指している点にある。


試しに、わたしはストロベリーとミント、ハラペーニョで抽出したドリンクと、ラズベリーフレーヴァーの「カウンター・カルチャー・コーヒー」を飲んでみた。どちらも同じマシンで、数分のうちに完成した。その過程において、バリスタの経験は必要ない。すでに機械にプログラムされているのだから。


彼らのクラフトブリューワーは、シカゴのホール・フーズやロサンゼルスのアメリカン・ティー・ルーム、マイアミのパンサー・コーヒーなどに設置されている。ヴァスターディス兄弟によれば、家庭用モデルもまもなく発売予定とのことだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コーヒー抽出のハイテク化ってなんかかっこいいですね。


普段からマックコーヒーに満足しちゃっている自分としては、いまいち理解できないんですけど、

愛好家にとっては14,000ドルの高級コーヒーマシンはひとつのステータスでしょうね。


お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!