人工知能アプリが法曹界へ殴り込み!?

引用元:<http://wired.jp/2015/08/31/ai-powered-app-for-legal-help/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弁護士がAIアプリを頼りにする日も、もう近い

 

ジモー・オヴビアゲルが10歳のとき、彼の両親は離婚することになった。しかし、手続が進むにつれて弁護士費用はどんどん膨らみ、最終的には「すべてを白紙に戻す」ことになったという。「それで家族がおかしくなりましたね」とオヴビアゲルは言う。

高校在学中からずっと、オヴビアゲルは将来の進路について考えていたが、あるとき弁護士の仕事が「訴訟のための調査」にほとんどの時間を費やしていることを知った。彼の両親が経験した問題を思い出し、そのことが頭から離れなくなった。

 

オヴビアゲルは結局、大学では法律ではなくコンピューターサイエンスを専攻したが、トロント大学の「人工知能プロジェクト」に携わる機会があり、“例のアイデア”を実現したいと思いだしたのだ。

「弁護士が日々仕事するなかで日常的にぶつかる大きな問題と、そしてそれがクライアントである一般の人々にどのような影響を及ぼすのか、立ち返って検討したのです」とオヴビアゲルは語る。この問題解決に「機械学習」を活用して、弁護士とクライアント双方の状況を改善することを考えたという。

 

ROSS Intelligence社の誕生

法律や神経科学、コンピューターなどのバックグラウンドをもった仲間と共同で会社を立ち上げ、オヴビアゲルは同社のCTOになった。そして同社開発チームは、ジェパディゲーム認識システムを基にした機械学習サービス、IBMのコグニティヴコンピューター「ワトソン」を元に構築した、法律サポートを提供する音声認識アプリ「ROSS」を開発した。

 

このアプリは、機械学習がわたしたちの日常生活に浸透していることを示す新たな一例である。近頃では「人工知能アルゴリズム」そのものが改良されるだけでなく、インターネット経由でのコミュニケーションにおいて、多くの新しいアプリが実用化されている。

 

例えば、おもちゃのスタートアップElemental Path社が「CogniToy」という恐竜ボットの先行予約を開始している。このおもちゃもワトソンを利用している。Appleの「Siri」を生み出したシリコンヴァレーのインキュベーター・SRIインターナショナルは顧客からの口座に関する質問を受けつける、「モバイル銀行アプリ用の音声認識アドオン」を発表した。ROSSもこのトレンドのひとつである。


「ROSS」に向かって、普通に話しかければいい?

ROSSの機能は、Siriと非常に似ている。法律相談したい依頼人がするような質問ならばどんなものでも受け付ける。例えば、「もし従業員が売上目標を達成することができなくて、雇用の必要条件を履行することができない場合、通知無しで解雇することが可能か?」といった具合だ。

 

ROSSのシステムは法律データベースを調べて、その「確信度」とともに回答を返してくる。回答の下には、ROSSが参照したソースドキュメントが表示されている。回答が的確であれば、「承認」ボタンを押して保存する。(もし予想と違う回答の場合は)「却下」ボタンを選ぶとROSSは別の答えを出してくる。

 

オヴビアゲルによれば、これは「キーワード」に大きく依存した現在の「データベース検索」をしのぐ大きな改善である。さらにシステムは、ユーザーのフィードバックにより学習し、ますます情報を蓄積していく。

 

2014年9月から取り組みが始まった

ROSS設立者のひとりアンドリュー・アルーダは、“白紙状態”のワトソンから開発が始まったと説明する。彼らはここから、何千ページという法律文書を組み込み、ワトソンの「Q&A」のAPIを使用して、法律の分類法や存在論についてトレーニングしていった。そしてシステムをさらに改良するために、Googleのアルゴリズム「PageRank」ならぬ「LegalRank」という機械学習機能を構築した。

 

「当社の秘密のソースを開示することなく、LegalRankによりどの回答がより優先順位が高いかが分かる」とアルーダは言う。「引用が多い優先すべき事例かどうか判断し、最高裁の判例を地方裁判所の決定よりも上位に置いたり、その他のあいまいな部分も理解できるのです」

現在のところ、ROSSは「破産法」に特化している。しかし、オヴビアゲルとアルーダは事業を拡大し、そのほかの法律分野への展開に楽観的な見方をしている。法律調査を楽にする需要は無くならない、とふたりは語る。

 

彼らのデータによれば、弁護士は労働時間の5分の1近くを法律調査にあて、法律事務所は年間96億ドルを調査に費やしている。賃金が安く英語能力が高いインドやフィリピンなどに外注される単純業務を大幅に減らすのにも、このアプリが役に立つだろう。

 

ROSSを実際に体験していないので、宣伝されている通りにアプリが機能するかどうかを知る術はない。しかしオヴビアゲルとアルーダは、6月から法律事務所での小規模な試験プログラムでシステムを検証しているという。また、国際的法律事務所「Dentons」傘下の「NextLaw Labs」が、ROSSインテリジェンスと契約し、最初のポートフォリオ会社になる、と発表されている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

文書管理や検索関連は圧倒的に人工知能に軍配があがります。

なので、こうした仕事などはどんどん人工知能に代替される、もっと厳しい言い方をすれば奪われていきます。


これはもうSF的な世界ではなく、現在進行形で起こっていることなので、人間は人工知能に仕事を奪われないように知恵を絞って対応していく必要があります。

お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
PDFファイル 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!