待ち時間がわかるようになります!@空港 [動画あり]

引用元:<http://techable.jp/archives/30874

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

空港内の待ち時間を正確に予測!JFK空港に、乗客の携帯電話を追跡するセンサーシステム導入


空港を利用するときは、時間に余裕をもっていたいもの。

とはいえ、出入国、手荷物検査や税関など、さまざまなチェックポイントを通過せねばならず、どれくらいの待ち時間になるのか気になるところ。


・空港内の待ち時間を予測するシステム

そんなニーズに応えようという取り組みが、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港でスタートした。

Blip Systemが開発している「BlipTrack」という屋内センサーシステムで、ビーコンモジュールと、乗客の携帯電話を用いて、正確な待ち時間を推計し、付近のスクリーンに現状を表示するというものだ。


・13のスポットに設置

BlipTrack2現在のところ、運輸保安庁のセキュリティチェック(TSA)や、税関・国境取締局(CBP)、タクシー待機場など、国際空港内の13のスポットに設置されている。


・乗客の携帯電話をモニターし、その動きをチェック

「BlipTrack」のセンサーが、空港内のWiFiやBluetoothデバイスを通じて、乗客の携帯電話をモニターし、その動きをチェックする。

モニター対象となったデバイスには、それぞれ固有のIDが付与され、暗号化される。


・ポイント通過までにかかった所要時間から混雑を推測

ポイントに設置されている最初のビーコン付近を通過すると、IDごとにタイムスタンプが押される。

BlipTrack3そして、同じIDのデバイスが次のビーコン付近で再び検知されたとき、到着するまでにどれくらいの時間を要したのかを計測して記録。

集められたデータから正確な待ち時間の見積もりが割り出されるという流れだ。


・空港の混雑緩和に役立つ

管理者側としては、混雑状況を把握することで、スムーズな誘導ができるようにいち早く手を打つなど、混雑緩和の対策がしやすくなる。

また、乗客としては、待ち時間の予測が立てられることで、必要以上にイライラすることなく、安心につながるほか、乗り遅れそうな場合には、スタッフに事前に相談したりできるだろう。


・すでに世界各国の空港で導入

「BlipTrack」のシステムは、すでにアムステルダム、ドバイ、トロントなど、世界各国の20の空港で導入されているという。空港の混雑緩和に一役買ってくれそうだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

空港の混雑具合を可視化できるなら、ほかの場所でも大活躍してくれかもしれません。

レストラン、電車、病院、美容室などなど。

せっかちの人にはありがたいサービスです。

お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!