インクを使わないカラー印刷とは!?

引用元:<http://www.tel.co.jp/museum/magazine/news/188.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ナノ構造で色を表現、インクを使わないカラー印刷


今は安価な家庭用のインクジェットプリンターでもフルカラーの美しい写真を印刷できるようになった。インクジェットプリンターでは、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)という4色のインクカートリッジからインクを打ち出して色を表現する。商業印刷では複数の版を重ねて色を表現するが、インクを使う点は同じだ。


ミズーリ工科大学の研究チームが開発したのは、インクを使わずにカラー印刷を可能にする技術。この技術のポイントは、「メタマテリアル」にある。メタマテリアルとは、電磁波に対して、自然界にはない振る舞いをする人工物質の総称だ。


研究チームは、銀でできた2枚のフィルムで、シリカ(二酸化ケイ素)のフィルムを挟んだ構造を作成した。上層の銀フィルムは25ナノメートル、下層の銀フィルムは100ナノメートル、シリカフィルムは45ナノメートルの厚みがある。


デモンストレーションのため、研究チームはミズーリ工科大学の小さなロゴを作成し、このロゴを元に上層のフィルムに微細な穴を開けた。フィルムの上から光を照射すると、上層フィルムの穴を通った光が下層のフィルムと反応し、フィルムの反射率を変化させて色を作る。開ける穴のサイズを調整することで、特定の周波数の光だけを下層のフィルムに照射可能で、実験ではロゴを4色で表現している。


今回発表されたカラー印刷技術が既存の印刷を置き換えるわけではないが、今までになかった新しいアプリケーションを生み出すことになりそうだ。有望なアプリケーションとして研究チームが挙げている例の1つは、セキュリティ用のマーキング。現在の紙幣に使われているよりも、はるかに精密な偽造防止の仕組みを作れるだろう。また、大容量の記憶媒体への応用も検討されている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そもそも紙幣を使わない社会になれば、わざわざ偽造紙幣の心配はなくなるはず(当分先の話になってしまいすが)


お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!