使用済みの紙がよみがえる!?byエプソン[動画あり]

引用元:<http://wired.jp/2015/12/08/epson-paperlab-recycling/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

使用済みの紙を「新しい紙」に変える、世界初の新製品


エプソンは、世界初という、「使用済みの紙から新しい紙を生み出すオフィス製紙機」を開発した。この製紙機は、使用済みの文書を取り込んで、それをまっさらの白紙に変える──しかもたったの3分で、だ。


「リサイクルに革命をもたらす」とエプソンが主張する「PaperLab」は、1分間にA4用紙14枚を再生することが可能だ。つまり、標準的な8時間の稼動で、1日に6,720枚を製紙できるのだ。また、PaperLabは、A3用紙や名刺用の厚紙、色・香り(!)付きの紙など、さまざまな種類の紙もつくれる。


エプソンはPaperLabの技術的な側面について多くを語っていないが、「ドライファイバー・テクノロジー」と呼ばれる技術を使ってリサイクルを行い、製紙するという。従来のパルプ化法と異なり、基本的には「水を使わずに」製紙するものだ(「機器内の湿度を保つために」少量の水は使用する)。


使用済みの紙は、まずは「繊維化」プロセスで「綿のような細長い繊維」に変えられる。次に「結合」プロセスで新たな材料が加えられ、紙の特性が変えられる。そして最後に「成形」プロセスで最終生産物の形と大きさに形成される。


エプソンによると、PaperLabは2016年からの製造開始を予定しており、12月10日~12日に東京ビッグサイトで開催される環境展示会「エコプロダクツ2015」でプロトタイプが公開されるという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは結構革命的な製品かもしれません。

あまり一般向けの製品ではないのですかね・・・??



お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
PDFファイル 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!