こんなところにも自立型ロボットが活躍@図書館

引用元: <http://social-design-net.com/archives/28666

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夜、図書館を移動しながら本のデータをスキャンする自律型ロボット

 

シンガポールの「Institute for Infocomm Research」が図書館の本データをスキャンする自律型ロボットを開発した。

 

夜の図書館を動き回り、RFIDリーダーが書籍をスキャンし情報を取得。WiFiやBluetoothを経由してその情報が送られる。

 

結果、「どの本がなくなっているのか?」「本来置かれるべき場所とは違うところに、この本が置かれている」等のデータを翌朝図書館のスタッフが確認ができるわけだ。

 

本の棚卸し作業や、置かれているべきところに本が置かれていない場合にそれを探し当てる労力は相当なものだ。それをロボットがサポートしてくれるというわけだ。

 

図書館やお店などに置かれている”モノのデータ”を取得する自律型ロボットは、これから大きく広がっていく。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

棚卸作業や検索作業ぜひともロボットに丸投げしたいですね。

お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!