ヘルメット不要のバイクができるかも!? by BMW[動画あり]

引用元: <http://jp.techcrunch.com/2016/10/13/20161012bmws-motorcycle-concept-is-so-smart-you-wont-need-a-helmet-to-ride-it/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

BMWが描く二輪の未来、ヘルメットなしでも走れる人工知能を搭載したバイク

 

バイクは確実に安全と言える乗り物ではないだろう。しかしBMWは、二輪の乗り物に十分な「知性」を搭載することで、ドライバーはプロテクターを装着せずとも乗れるようになる未来を思い描いている。このバイクのコンセプトで強調されているのは、ドライブの楽しみだ。そして知的なドライブアシスタント機能により、ドライブのスリルを残しながらも安全性を高めることができると考えている。

 

「Motorrad VISION NEXT 100」というバイクは、BMWが思い描く未来を示すバイクシリーズのうちの1つだ。このバイクは新たなテクノロジーを搭載し、インターネット接続によってどのようにドライブ体験が変わるかを示す。

 

Motorradは、四輪の自動車で期待されているような完全な自動運転を目指しているのではない。Motorradは、バイクを利用する人々が重要視している要素との融合を目指す。つまり、エンドユーザーは道を走る開放感を感じつつも、安全面での課題はバイクに搭載されている人工知能システムが担うというものだ。

 

このバイクは、いくつもプロテクターや大きくて邪魔なヘルメットを着けなくても乗れることを訴求する。これは本当に魅力的だ。Motorradのシステムは走る道の先を予測し、事故を避けるにはどうすれば良いかドライバーに通知するという。事故が起きるのを防ぐために、必要があればシステムがドライバーと運転を取って代わることもある。また、自動バランスシステムを搭載し、走行している時も停止している時もバイクが倒れることを必ず防ぐという。

 

Motorradのコンセプトでは、乗車にヘルメットは必要ないが、別のヘッドギアの装着が含まれている。これは軽量なバイザーで、目に風が当たるのを避けるため、そして視界に重要な情報を表示するするためのものだ。例えば、道の先にあるカーブや曲がり角などをバイザーに表示する。このバイクは排気ガスゼロの電気ドライブトレーンで駆動する。

 

Motorradはコンセプトであり、実現にはまだ遠い。しかし、車では自動運転が注目されているように、モーターバイク業界が次に目指すところを示したクールなビジョンであることには違いない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヘルメットが必要なくなるってのはかなり大きいですね。

ただし、そもそも将来的に「バイク」というカテゴリーがなくなるかもしれません。

お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!