一本足ロボット!? byディズニー[動画あり]

引用元: <http://gigazine.net/news/20161007-disney-research-one-legged-hopping-robot/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ディズニーが開発した1本脚でホッピングのように飛び跳ねまわるロボット

 

まるで人間のように動くことができるロボットや壁を走ることもできるロボットカーなどの技術研究開発を行っているDisney Researchが、新たに1本脚でピョンピョンと跳びはねるロボットを公開しました。

 

銀色の台にセットされているのが、Disney Researchによって開発された1本脚ロボット。これまでにも1本脚でジャンプできるロボットは存在していましたが、今回のロボットは電源を含めた全てのコンポーネントを内蔵することで、外部機器を必要とせず単体で動作できるというのが最大の特徴です。

 

肉球のような半球状の部分で着地すると、脚がグッと短く縮んで力を蓄え、一気に解放することで「ビヨン」と飛び上がっていることがわかります。

ロボットは、制御用のコンピューターやバッテリーを搭載した上部と、電動で伸び縮みしてジャンプさせる脚の部分から構成されています。

 

今回の1本脚ロボットが実現しているのは、「省サイズ性と軽量性」「外部の力を受けて電動で伸縮が可能な脚」「外部ケーブルを必要としない自己完結型設計」の3点。

 

脚の部分には、脚の動きをセンシングする「エンコーダー」や「温度センサー」、電磁力で動きを生みだす「ボイスコイル・アクチュエーター」、そして主な反発力を生みだす「圧縮バネ」が用いられています。

 

ボイスコイル・アクチュエーターは、磁石と電磁コイルを使うことで動きを作り出すというもので、一般的なスピーカーと同じ原理で動作しています。「並行に配置された直線型伸縮アクチュエーター」という意味の「LEAP」という名称が用いられています。

 

本体上部のユニットには、電源用のバッテリーと各種センサー、マイクロコンピューターなどを内蔵。脚の付け根部分には2個のサーボモーターを内蔵し、前後左右あらゆる方向に脚を傾けることが可能になっています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

用途はやっぱりテーマパークのアトラクションに使うんですかね。。。

Disney Reserachまだまだいろいろ隠し持ってそうですね。

 

お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!