スマホでスマートな絵本の読み聞かせ![動画あり]

引用元:<http://techable.jp/archives/51198

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スマホに取り付けるだけ、子ども向けの“読み聞かせプロジェクター”に注目

 

もうすぐクリスマスやお正月がやって来る。普段仕事や家事に忙しいあなたも、休み期間中は小さい子どもに読み聞かせをしてあげてはどうだろう。

 

かの有名な物理学者アインシュタインも、「子どもの創造的な知性を向上させたいなら、おとぎ話をたくさん読み聞かせることだ」と言っているという。

 

読み聞かせは、子どもと両親がともに過ごす、大切なコミュニケーションの時間でもある。

 

・スマホに取り付ける、“読み聞かせ用プロジェクター”

今、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を受付中の「Moonlite」は、エンジニアの母親が立ち上げたプロジェクト。スマートフォンに取り付けるプロジェクターと専用アプリで動作し、天井や壁にプロジェクターで物語の映像を映し出しつつ、読み聞かせをおこなうというもの。HDの画像、アプリ内のサウンドエフェクト効果で、寝物語に命が吹き込まれ、子どもがより夢中になる。

 

・わずか4ステップの簡単仕様

使い方はわずか4ステップの簡単仕様。まず、“story reel”をデバイス本体に挿し込んでセットし、それらをスマートフォンに取り付ける。専用アプリを立ち上げ、好きな物語を選んでタップすると、プロジェクターが読み聞かせを開始するという流れ。

 

・効果音を入れることもできる

天井に移るフルカラーのHD画像は見るも楽しく、さらに専用アプリから“雷”“鳥のさえずり”“流れ星”などの効果を選ぶと、物語中に効果音が鳴って、より一層物語を盛り上げてくれる。

 

リール部分を回すのに合わせて、スクリーンも連動して切り替わる機能が便利。このリール部分は暗闇でぼんやり光る。

 

本のタイトルを検索したり、お気に入りを登録して“マイ本棚”で整理したりできる。

また、目に有害だといわれるブルーライトを極力押さえ、ディスプレイを暗くするなどして配慮。

 

タップしたワードを個別で長く読み上げる“長読み”機能も実装される予定で、子どもの言語学習に役立ちそうだ。

 

・目標金額の5倍超え

2017年1月13日まで出資を募集しており、すでに目標金額の5倍超を集めている。子どもが見ても分かりやすい色使いと絵柄のポップなイラスト。“赤ずきんちゃん”“みにくいアヒルの子”などの古典をはじめとする物語を親子で楽しもう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

子どもからしたら楽しいですよね、絶対に。

小さいお子さんがいる家にはかなりオススメかも。

 

お問い合わせ(本社)

TEL: 048-558-2323

FAX: 048-558-1550

 

営業時間 Business hours

8:30 ~ 17:30(月〜金)

 

 

2017年営業日・休日カレンダー
2017年営業日・休日カレンダー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 338.3 KB

携帯でもアクセス!

スマートフォンサイトで見やすくなりました!
スマートフォンサイトで見やすくなりました!